読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丸ごとなorange

君の声を聞かせて 君の歌を聴かせて

7/15のジャニ勉

エイト TV
ああ、またしても週が明けてしまった。

そして、神戸(って歌あったな)から、リサイタルがスタートしましたね。

自分はむしろネタバレOKなので、ちょいちょいレポなど見てしまってまして。

知人からも話を聞きました。
予想以上に「近い」という話を。

近いのか…。
ありがたいことに、これから参戦の予定があるのですが、考え出すと震えが止まらないので、なるべく考えないようにしています。


というわけで、すでに遅すぎるけれどジャニ勉のことを書いて気を紛らわせてみます。

ゲストは釈由美子さん。

二回目の出演だそうですが…
初回出演時のVTRで、スキップをしているところが映る。
ガチガチになっているマリオがジャンプしたような、前に進むのではなく、上下の動きになっていた。
やや、見てはいけないものを見たような気もした。

今回は、1時間1万円のパーソナルトレーナーをつけて練習してきたそう。

そんなんあるんですか?
そんなん言うて言うて!と食いつくメンバー。

その練習の甲斐あってか?今回は一応前にすすんでいる。 
すばるさんも進化を認めていた。

共感してほしいことでは、プロポーズは隠し撮りしたい、という話にまさかの丸山さんが共感している。

丸ちゃんとしては、女性側が隠し撮りをしたものを結婚式とかで流すんでしょう?
という解釈だったけど、逆で
男性側がセッティングして隠し撮りしたその瞬間を2人の宝物にしたい
というような意味合いだった。

あ、そういうことねーなんて言ってたけれど、丸ちゃんは、隠し撮りされたプロポーズ場面を公開されても大丈夫なのか⁈
気になる。

そして、したいねんのコーナーでは、ドリブルシュートに挑戦したい!ということで。

気持ちはよくわかる!わかるけど、あのスキップだとどうなってしまうのか、だいぶ心配しました。

その予想は当たる。

でも、できないことを恥ずかしがらずに、果敢に挑戦する姿というかメンタルというか、それはとても好感の持てるものだった。
やっぱりTV出る人は違うなあー、なんて。

ご本人が頭の中ではしっかりイメージがある様子なのはものすごく伝わってくる。

横ちょの動き、さすがバスケ経験者!
お手本で少し見せてくれただけだったけど、華麗な動きだった。
クロニクルのバスケの回、まだ見れていないですが、さぞうっとりすることでしょう。

また渋谷さんの一言
「ドリブルの音、うるさいっすわ」
という苦言は良かった。
床から跳ね返るボールを待たずに、バンバン叩きに行ってますから、音が大きいわけです。

今回のエイトさんは、ゲストの頑張りに付き合って、応援しつつもちょっと遠慮してるように見えた中で
最後、最大限下げられたゴールに何とかシュートを決めた後、丸ちゃんだけが釈さんにハイタッチしていた。

こういうところ、ほんとに優しいな。


今回、言及したかったのは
さよならおじさんだ。

釈さんの初回出演時のしたいねんのコーナーにて、関西弁の「どんつき」の意味を横ちょと丸ちゃんで説明するときに登場した、丸ちゃんのキャラらしい。

現れてから5分以内にさよなら と言って、一方的に去ってしまうさよならおじさん。

今回の衣装は、丸ちゃんにしては珍しく、なんだかハデなボタニカル柄Tシャツだった。
(似合ってたと思います)

今回、錦戸さんの衣装にそんなに遊びがなかった分、丸ちゃんの派手なTシャツに目がいってたんですが

ヅラが安普請なのもあるけど、このTシャツとの相乗効果でだいぶ怪しい。

今回二年ぶりぐらいに登場したわけですが、これは丸担にはいつもの不安材料を少なくしてくれるものだと思う。
時間に限りがあるから、散らかりそうになったらさっさと退散できますし。
無理やと思ったら引き上げるんだ!と念じながら見ていると、やっぱりいつもより散らからなくて、安心して見れた気がした。

引き際って大事。
良かった良かった。