読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丸ごとなorange

君の声を聞かせて 君の歌を聴かせて

ためらうブリュレ~アカイシンキロウへ去り行くMy Last train

カラオケのメドレー曲につけられたかのような、なんとも強引なタイトルになってしまった。
いや~恥ずかしい…。

そもそもカラオケなんてここ何年も行っていないのに、この発想がすでに時代の止まった人かもしれなくて、恥ずかしさ倍増ではありますが、何としてもこれらの曲名を並べたかったので仕方ありません。

恥ずかしさを甘んじて受けるとします。



お盆休みでゆるんでいた深夜のこと。

最近になってやっと買ったPUZZLEコンのDVDを見ていて、タイトルに挙げた曲の虜になってしまったのです。


前半のDisc1からぼちぼち見ていて、「一秒KISS」と「パズル」と「kicyu」や「YOU CAN
SEE」をリピートしたり、そして普段は後回しにする∞レンジャーが意外と気に入り、なかなか後半に辿り着けないでいたのですが、やっと後半のDisc2を見ることにした。


「アカイシンキロウ」から始まりました。


丸ちゃんのパートが多い曲なので、これを映像で見たらどんなステキなことになってんだろ~♪と相当期待はしていました。



アカイシンキロウでは、のっけから丸ちゃんのダンスが跳ねて見えるアイドルぶりでした。

そして。
前奏では丸ちゃんのフェイクから始まり、歌い出しもそのまま丸ちゃんですが

…ひたすら甘い。

その声をこれ以上聴けようか、いや聴く。(反語)


前半からの伏線(?)に早く気が付くべきでした。
ナチュラルなサラサラヘアで、時々ちょっとはにかんだような顔したり上目使いだったり流し目だったりで、相当二枚目比重が高いことを。
この姿で、そういう聴きどころの多い曲を歌われるとどうなるかってことを。

そして、ふともうひとつ気づいた。
このとき、大倉さんは汗のせいなのか?、相当髪が濡れている。ターンするとき汗が飛び散ってました。
そんなに色気を振りまいてどうするんだ!と思うほどに。

丸ちゃんだけじゃなくて、ヤスくんも大倉さんもダンスで跳ねてリズムを刻んでいる。
アイドルの真髄を見せられて心が躍る。


そんなこんなで散々かき乱されたあと、次のブリュレが始まった。

・・・・・・これだ!と。
いつ見たって聴いたってカッコいい曲であるに違いないのですが、やっぱりこれって至上のダンス曲だと思わされるブリュレだった。


何度か申し上げているのですが、私はJUKEBOXで見たバンドのブリュレで一気にエイトに堕ちているので、最初はバンド曲だと勘違いしていました。

そのあとで、実はダンス曲として人気だと知り、十祭に入っていることに気が付いてブリュレを見たけれど。
ダンスがよく見れる録り方だったのは感謝したいところなのですが・・・どうしてもあの衣装が気になって集中できなかった。


8UPPERSでのブリュレ。
8UPPERSは冒頭からカッコいいい以外の何でもないのに。
いや、カッコいいのは十分すぎるほどわかりました。
でも…ステージを最大限上に上げすぎと違いますか?
ライトの当たりも良くて・・・画面が白いんです。
細部も見たいけど非情にもカメラはそんなに近くにも寄ってはくれなくて、遠目で見ているような印象が残る。


PUZZLEコンでのブリュレは、こんな他ライブでのかゆいところに手が届いたように思いますが(リリースの時系列は無視してますが)

ダンス以外でも
・どことなく挑発的な横ちょ
・いつになくしっとりしたヒナちゃん
・危うさとまっすぐさが共存する渋谷さん
・濡れた髪を邪魔そうにする物憂げな大倉さん
・金髪の前髪から覗く目がいたずらっぽいヤスく
・こちらも前髪の隙間から覗く素っ気ない目が却って気になる錦戸さ

そして、ナチュラルな雰囲気が余計リアルさを感じさせる丸ちゃん!!!

などなど、みんなが順番にこれでもかとカッコよく迫り来るので、7人それぞれが代わる代わる「ブリュレ」の主人公に登場してきそうな気さえする。
(バンドで見ているときは、何となくどっくんをイメージしながら聴いてたんですが。)


そのまま、「My Last train」へ続く。

一人ひとりが、切々と歌いあげてくれる。

こういうムードたっぷりな曲を歌う大倉さんは最強だと思う。
サビ前、すばるさんの感情を振り絞るような歌い方が格段に胸を打つ。
そして、2番Aメロの横ヒナのパート、訥々とした歌い方が曲調にとても合っていて良かった。

とにかく、一晩でこの3曲を一体何度再生したんだろうか・・・。


続きも見たかったけれど、この衝撃を受けとめ、その上余計なことを考えすぎて力を使い果たしてしまいました。

ここからいつ先へ進めるのか?

というか、先に前半の感想から書けよ!と自分でもわかってはいます…。


過去のリリース情報は、あまり正確なところまで把握しきれていないのですが、「PUZZLE」はDVDのみ(Blu-rayはなし)で、AパッケージとBパッケージがあるようでした。
Aが京セラドームで披露されたひとつのうた初披露バージョン、BがヒナちゃんのCMドッキリだそうです。

ドッキリについては

おととし?の年末ぐらい、丸ちゃんが審査委員長で出てたときの「だまされた大賞」でやってたみたいな、フランケンに仮装した篠原さんがいきなり飛び出てくるとかのジャンルだったらいいんですが。

よく知らないのに何ですが、何と言うか、見応えはあるのかもしれませんが、なんだかちょっぴり見るに忍びない気がしたので、私はAのひとつのうたが収録されているほうを探してみました。


中古市場でみていると、AよりBの方が目につきましたが、Aの方が手に入りにくいんですかね?
たまたまかもしれませんが、欲しい方がそこそこの価格で買えたのは良かったです。

この調子じゃ、特典の視聴に辿り着けるのはずいぶん先なんじゃないのかって気もしますが。、


ちなみに、中古でお手頃価格であったもので、「Spirits!!」と「Excite!!」一緒に買ってしまったんだけれど・・・。