読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丸ごとなorange

君の声を聞かせて 君の歌を聴かせて

ジャニ勉 2/∞(丸山さん&錦戸さん)①

ジャニ勉が7月末からリニューアルされて始まったコーナー2/∞(エイトブンノニ)。
エイトが2人ずつで大阪(に限らないのかも?関西?)を街ブラしながら、ええやん!と思うものを8つぐらい見つけるというものです。
言うまでもないですが、8つぐらいという適当さが良い。

最初のロケは丸ちゃん&どっくんのほほえみコンビでした。
大阪・中崎町付近をブラブラするところが4週にわたって小出しに放送され、次から横ちょ&大倉さんになるようなので、ここらでまとめておきたいと思います。


▶1週目の放送
二人に気づいた女子2人組から早速「錦戸君カッコいい~」と言われる。
前髪伸ばしてくださいと髪型のことを指摘された丸ちゃん。 「表参道のカリスマ美容師に切ってもらってんけどなあ~」と残念がる。

看板で見つけた出し巻きサンドのお店へ。といってもカフェとかではなく濱鮓と書いてある。
女将さんのことを丸ちゃんが「キレイやわ~」と褒めるも見事にスルーされ、「錦戸君めっちゃファン」と言われたため、「ジュニア時代から変わらない、この感じ!」と悔しがる。

この辺はいろんな人が通るけどびっくりした~という女将さんに「円広志*1さん来ました?」と聞くと「円広志はしょっちゅう見てるから~あのおっちゃんはどうでもええねん」とタレントをタレントとも思わない口ぶりが面白かった。


▶2週目の放送
自家製グラノーラのお店へ。
サラッとアサイーのスムージーを注文したり、「朝作るときあるんですよ」とか言っちゃうどっくんのカッコ良さたるや。完璧。

丸ちゃんはといえば、グラノーラ初体験で興味津々なのに、一旦注文したものにグラノーラが入ってないと聞いて、「なんでや!グラノーラに興味あって来たんや!」と珍しく攻めの口調。
店員さんおすすめの豆乳とグラノーラのセットと、錦戸さんにすすめられたアサイーボールどちらも食べて、なかなかお気に入りの様子でした。

女子のパワースポットと言われるハンドメイドのお店へ興味なさげに入ったものの(あっても困るか)、ネコ耳つけたり、割りとお楽しみ。
ええやん!認定するかどうかでと丸ちゃんが渋る。
「俺らからしたらどうでもええやん」「彼女もいないですしぃ」
その言葉、信じたい。


▶3週目の放送
駄菓子屋さんで小学生男子数人から「あ!関ジャニと無邪気に言われ、握手を求められる。どっくんが「俺の名前知らんやろ」と聞くと「えーっと・・・とにかくイケメン」ってうまいこと言われてごまかされる。

駄菓子屋さんで、「うわー懐かしいなあ」「百円握りしめて来ててんなあ」とか「俺めっちゃこれ食っててん」とか二人して童心に帰っている姿は心温まるものでした。
どっくんが昔めっちゃ食ってたというウメトラ兄弟をさっきの小学生に「食え!」「ありがとうは?」と兄貴風を吹かしていました。

歩きながら
丸:「京都やから大阪別にふるさとっていうなじみもないしなあとか思いながら、ちょっとあんま実は乗り気やなかったけど」「楽しいわあ」
錦:「なんちゅうこと言うねん、なんちゅうこといきなりほりこむねんな!」
と、よほどリラックスしているのか、丸ちゃんから思わず出た本音に、どっくんが慌てるという関係性。めずらしく感じましたがそんなところも見られました。

通りがかりに、ハヤシオムライスが食べログで大阪No.2という看板を見つけ、「大口たたいてるとこ出ましたよ」との丸ちゃんの毒づきに、どっくんが「そんなこと言うなー」と再度たしなめる。

このとき、少し先を歩くどっくんに「ねえ、りょうちゃん」と呼び止めるのですが、そのときの声!完全な素の声だと思う!!
私はいったい何度この人の声の罠にかけられるんだろうか。

店内にて、壁に貼ってある「南ジョージ」のビラについて尋ねると、まさに目の前のマスターご本人。
昔、ご当地ソング「ごめんね中崎町でレコードデビューもしているらしい。

ギター弾きながら披露しくれるんですが、ギターフレーズをカッコいいと褒めつつも「ギターの音がでかすぎて何言うてるか全然聞こえへん」と遠慮がない。
真の目的、ハヤシオムライス。看板の謳い文句どおりで大変おいしいようですが、マスターの考案と言っているのに「うそー」と疑ったり。
食べている後ろでギターを弾くマスターに「ギターうるさいな」とぼやく。
など、好きなことを言う二人でした。

このマスターのギターで丸ちゃんが即興ソングを歌う。
ああ、生歌。ありがたき幸せ。

次どっくんに行くか?と思っていたらやっぱり
「Heyりょうちゃん」と丸ちゃんから突然振られて
ちょっと待ってくれよー これが一番こわかったんやあ~と照れまくる。
一度意を決して歌いかけるもやめてくれよぉ~と照れまくる。
完璧にカッコ良い人がたまに見せる隙、そのかわいさはものすごい威力だと思った。

②へ続く。

*1:カンテレ朝の人気番組「よ~いドン!」にて「となりの人間国宝さん」という街ブラコーナーで、その街の人々の懐に入り込んだトークを披露。
ほか月亭八光織田信成のときもある。