読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丸ごとなorange

君の声を聞かせて 君の歌を聴かせて

9/23のジャニ勉

エイト TV

気が付けば3週分もたまっていました。
今の彼らではなく、Excite!!*1でのキラキラな姿にばかりひたっていたということでは決してありません。

ちゃんと録画できてるかな?と昨夜恐る恐る確認してみたところ、先週のゲストが木下ほうかさんだと知り、面白そう過ぎるのでそのまま見てしまいました。


木下ほうかさんといえば、「昼顔」とか最近では「スカッとジャパン」で話題ですが、今回の衣装がとてもカジュアルなのが違和感、じゃなくて意外でした。


「昼顔」といえばちょうど一年ぐらい前。

まだ丸ちゃんに堕ちる予感すらなくて、斎藤工演じる北野先生の、あのメガネ男子な姿と素朴すぎるポロシャツ姿の虜になっていました。

その後すぐ丸ちゃんに堕ち、意を決してボーイズオンザランを見たとき。
いつ見てもほぼ鼻血まみれの田西な丸ちゃんの方が輝いて見えるという逆転現象に驚きました。
ほんの少し前、昼顔を見てはこんなにカッコいい人知らんと思って、目がハートになっていたのに…。

そうはいってもボイランなので、自信をもってステキとは言いきれないですが。


二週分はとばして見れていないですが、 丸ちゃんは今回もキャスケットをかぶっていました。
似合ってるとは言いがたいけどだんだん見慣れてきたのか、そこに疑問は挟まず、特に意味はないのだと思うことにしました。
Tシャツの袖口と胸ポケットの花柄もあまり意味はないのだと思うことにした。

いや、でも実は丸ちゃんは、以前から花柄が似合う気がしています。ピンク色も。


トークは木下ほうかワールドというか、あの雰囲気と口調で全体が覆い尽くされてしまった感があり、話はとくに印象に残ってませんが、独特ながらもノーマルな部分や人間味を感じることはできました。


そこで、今回のしたいねんのコーナー。

「好感度を上げたいねん」というのに笑う。
CMに出たいからということなので、これからCMで見かけたら間違いなくこの日のことを思い出すと思います。

おいしそうに食べる、動物と触れ合う、振り向きざまの笑顔(ジャニーズ流)の3つを習得しようということで。

おいしそうに食べる(横・ 丸)
はじめに横ちょ。食レポといってもご飯だけを食べてレポをするのですが、このときの肌のきめ細かさと色の白さ、唇の赤さと額にかかるウエーブのかかった黒髪。
美青年の4種の神器により、いつもにも増して美しく、何度かリピートして見てしまった。
ただ白米を食べているだけなのに。

横ちょがアンチエイジングの本出したら買ってしまうに違いありません。

丸ちゃん、メンバーからも上手いと誉められていて安定感あり。
おいしそうに食べている姿はもちろん、ちゃんと帽子をとっているところとお箸の持ち方などお行儀の良さが感じられて和む。

ジャニーズの人って全般的にみなさん食べ方がキレイだと思うのですが、そんなことないでしょうか?
がっついてても品があるというか。

彼らの顔立ちがそう思わせるのか?それだけのことだったのかも。


動物と触れ合う(錦・安)
2番目ぐらいに大きめのぬいぐるみに「お前はこの中では大きい方やな」ばっかり言っていて、ごまかしたりしている、どっくんのややぎこちないかわいがり方が本人のかわいさを倍増させていました。
ヤスくんは、目の前のぬいぐるみ達に命をふきこんでいるかのような包容力。ムツゴロウさんに見える。


振り向きざまの笑顔(渋・倉)
何を期待するかで変わると思いますが、私は本気の感じを希望!!
彼らは芸人ではなくアイドルですが、やりきったところを見て笑いたい。

村上がうまいと促されてお手本を見せると、ほっぺたをふくらませるバージョン。
これは村子の顔です。

ひげがふくらんでる~とイジられ、「ひげをふくらませてお金をいただいています。」というのに笑ってしまった。


最近、ヒナちゃんのときに現実的な物言いが妙にヒットして、 ヒナ株が急上昇中な私です。


そんなん、誰が興味あんねーん。
ヤナギブソンのネタをお借りして、終わります。

*1:9/19拙ブログより