読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丸ごとなorange

君の声を聞かせて 君の歌を聴かせて

※ネタバレあり※【前編】元気が出るLIVE!! ナゴヤドーム 12/26〜12/27

エイト ライブ
※ライブの内容をネタバレしています。



12月26日~27日、ナゴヤドームでの「元気が出るLIVE!!」に参戦してきました。


ライブのあと、早く書かないと忘れてしまうと焦っているうちにもう大晦日なんて。年末の忙しさを甘く見ていました。


書き出してみるも覚えてるところと覚えていないところの差が激しく、穴だらけなのですが。



以下、ひとまず書き出してみました。







とにかく。
ヤバい!あかん!カッコいい!って言葉だけを発していた2時間半でした。





▶︎OP映像

さっき通ってきた地下鉄の改札!!…なんだろうけど、実は26日はグッズ売り場に早く辿り着きたい一心で、あまり周りを見てなかった。
27日は改札やドームまでの通路など、少し周りを見てみた。
同じ景色を共有できるなんてすごく嬉しい。

そして、円陣。まさに今この瞬間?!と思うともう興奮が抑えられない。



▶︎キングオブ男

まったく想定外のオープニング曲。
High sprits〜勝手に仕上がれは何がなんでも後にとっておいて欲しいと思ったのでそこはひとまず安心した。

歌がどうこうというより、丸ちゃんを探すのに必死になっている間に終わってしまった気がする。
丸ちゃんは、26日はややゆるめなパーマ、27日はややストレート気味なヘアスタイルでしたが、どちらも前髪から覗く目が、JUKEBOX時代の再来のようで最高にカッコいい。



▶︎へそ曲がり

あまり記憶がないので姿を探すのに必死な状態が続いていたんだと思う。向かって左側の花道の方を通ってセンターステージへ来たような。



▶︎がむしゃら行進曲

センターステージに移動。
丸ちゃんは中心の円形ステージに立っていた。
少し落ち着きを取り戻してその姿をマジマジ見ながらも、踊るの楽しいなこれ、と思っていた。



▶︎前向きスクリーム!!

全員で中心の円形ステージへ。
これも踊るのが楽しい。



▶︎モンじゃいビート

年上組と年下組に分かれてカメラに近づき、どアップになってなんだかんだしてたと思うのですが、モニターより本人たちを見ていたので積極的には覚えていない。



▶︎ふりむくわけにはいかないぜ

後半にもって来るのかなと思っていたので、え?もう?と慌ててしまった。心の準備が整っていなかった。
後半の方が良かったなあと思いつつ、やっぱりいい曲だなあと。バンドだったので感無量でした。

最後、ふりむくわけにはいかないぜ〜を繰り返している間に丸ちゃんがベースをチェンジしていた。



▶︎LIFE

とにかく、♪痛みこらえってぇ~のところの丸ちゃんを見逃すまいとしていましたが、26日の方は、ムビステを見上げるぐらいの席で、ちょうど近づいてきたタイミングだったような。いや、気合い入れて見たわりに記憶が飛んでいました。
後半は、大倉くんと横の後ろ姿を眺める形で曲を聴いていた。

ムビステを見送るとき、ふと丸ちゃんの肘が目に入りましたが、アイドルには肘の黒ずみなんかありませんでした。
あと、27日は丸ちゃんが、ふりむくわけにはいかないぜでピックを2回、LIFEで1回ピックを投げていた。
魅せてる感じではなく、自然な動作にも見えた。



▶︎言ったじゃないか

この曲への繋ぎや、どのステージにいたかしっかり思い出せず。センターステージだったか?

27日は金髪の大倉くんがいいって〜と言うのにどっくんがウケるあまり、出だしが乱れていた。



Heavenly Psychoから、次のズッコケ男道もよく思い出せない。

ズッコケは、普段はマンネリな気がするけど気づいたら結構楽しいと思っていた。
終わってから、あれ?バンドじゃなかったじゃないか!と思ったぐらい。



▶︎楽屋映像

丸ちゃんのお腹に書かれたファン命、背中の打倒ヤスって文字に笑ったり、他にも楽屋でのわちゃわちゃ感満載だったはずなのに、まさかのキャンジャニ登場で吹っ飛んでしまった。



▶︎CANDY MY LOVE

全く予想してなかった。会えるなんて思ってなかった。
うっすらヒゲが見えてて、おっさんの女装に見えたって嬉しい。

母親譲りの安産型という安子、色白なのはあなた色に染まりたいからという横子は安定のかわいさ。すっぴんに強いと見える。

キャンジャニちゃんだと錦子坦になってしまうよと思ってたけど、丸子ちゃん、かわいかったよ!

サビのところの振付、後ろを向いて腰を振りながら手を開いたり閉じたりするところがとてもかわいくてツボでした。

すば子がむちゃくちゃ短いスカートを翻すたびに丸見えなTバックは26日は黄色、27日は白地に黒い柄。(模様は不明)
足がすごくキレイで、モニター見なければリアル女子に見える。何にせよポテンシャルが高い。

27日は、村子が浜田ばみゅばみゅと言われていた。確かに似ているな。



▶︎バリンタン

今回のペンライトを買うかどうか迷った自分を殴りたいと思うぐらい活用して踊ってきました。

順に紹介される好きな人映像での注目すべきは倉子の魔性な自己紹介。いちいちリアルである。

26日は、ベッドの上では男はみんなクラクラ、27日は、タワーマンションの最上階に住んでますと紹介した倉子だったが、村子の好きな人がまさかの倉子のパトロンで、村子が傷ついてしまう。
彼をただ信じる村子に「幸せね」って一言を放つ倉子。
その後、横子の好きな人にまで会ったことのあった倉子、唇がセクシーなだけの男だったわっと言い放ち、横子まで傷つけちゃいましたが、倉子のキャラ設定にはブレがないと感心するばかりだった。

なんかここだけ熱が入ってるなあ。ほんとに予想してなかったから嬉しくて仕方なかった。

丸子へのみんなからのイジリも相当面白かったんだけど、倉子に興味津々になってました。



▶︎夏の恋人

丸ちゃん、耳かけヘアが似合いすぎていたから。あまりにもそればかり見ていたら、好きなポイントであるどっくんの
♪おまえうぉ〜、おまうぇにぃ〜の箇所をちゃんと聴けていなかった。



▶︎MC

26日は全編、横山さんの妖怪ケツ洗い目撃談。

27日は村上さんの上機嫌カラオケ談と妖怪ケツ洗い目撃談ふたたび。

スタッフさんが食事のあと、なかば強引に、ヒナちゃんにカラオケに連れていかれたらしい。

聖飢魔Ⅱ蝋人形の館を3回も歌うが本人は覚えていないぐらいの酔っ払いぶりだったそうで、ホテルの部屋まで送りとどけたマネージャーへ絡みたおして、気づいたら腕にヒナちゃんの歯型がついていたらしい。

糸こそ通ってないけど、(ヒナの歯の歯型は)ミシンと同じですからね、みたいなことをすばさんから言われていた。

また、そんだけ深夜まではしゃいでいたにもかかわらず、今日めっちゃ元気だというヒナちゃんのその体力をすばさんが羨んでました。



もっと年末らしく、きちんと締めくくりたかったのですが、いつものように中途半端になってしまった。

年明け、また後半へつなげたいと思います。

読んでくださった皆さま、良いお年をお迎えください。

また来年もよろしくお願いします。