読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丸ごとなorange

君の声を聞かせて 君の歌を聴かせて

関ジャニ∞リサイタル 8月2日福井の感想

エイト ライブ

※ネタバレ含みます※


8月2日福井、2部の夜公演に行ってきました。

初めてのエイトのライブです。
初めてという緊張感もあり、朝からずっと心臓がバクバクいっていました。

今回はほんとに貴重なチャンスをもらったんだと思って、参戦できることに感謝もしながら楽しみたいと思っていました。


メンバーが順番に入場後、丸ちゃんがマイクを通さずに宣誓。
いきなり声が聴けるとは。
愛を叫ばれていると脳内変換。


「がむしゃら行進曲」からスタート。
私にとって、エイト活動の黎明となった曲。
初参戦ライブのスタートもこの曲からというのはなんとも感慨深かったです。
丸ちゃんの一挙手一投足、目を凝らして見続けた。
一人、センター前方にせり出て全力でがむしゃらに頭を振っている姿を見て、ああホンモノの丸ちゃんだと思った。
ソロパートの声も堪能。

トロッコに乗りTWL。
バックステージへ移動し、好きやねん、大阪。
メインステージに戻り無責任ヒーローと続く。


挨拶を挟み、生着替えタイム。
土管の上に置かれた白いゴージャスな衣装を羽織る。
リサイタルだから土管。セットにも土管。ツアーTの背中にも土管。

▶ジャニーズメドレー。

ひとことずつ。(ひとことで終わってない場合もある)

・LOVE YOU ONLY(全員)
自分的には超盛り上がった。

・ギンギラギンにさりげなく(全員)
袖のフリンジを派手に揺らしながら一人夢中でリズムを取っている丸ちゃんの姿に笑う。

ファンタスティポ(錦倉)
これがtornかあ。

愛のかたまり(山田)
一発KO。

・君だけに(すば横ヒナ)
しっとり聴き入る。
が、横ちょの髪型に違和感。

・青いイナズマ(丸安錦倉)
SMAPで一番好きな曲。久しぶりに合いの手入れさせてくれてありがとう。

Everybody Go(横)
ヅラのパカパカが失敗に終わる。
道理で髪型不自然だと思ってた。

・感謝カンゲキ雨嵐(全員)
関西弁ラップもいいけど、ちゃんとダンス見れて良かった。

・愛しのナポリタン(全員)
そういえばこんな歌あったっけなあ。もはや脳トレのよう。
8回か9回おかわり。
生で丸ちゃんの半沢顔が見られた。
最後ゾンビになる。
どっくんもちゃんとゾンビしていておかしかった。楽しそうでした。

SHE!HER!HER!(全員)
ゾンビバージョン


▶ハートをがっちりつかんだる部。略してHGTBのコーナー。

今回の課題はお題の答えを一致させること。反対に一致させないこと、というのもあった。

それぞれの個性が見えて面白かったけれど、長過ぎないかい?
テレビでなら何時間でも見たいけど、欲深い私としては課題を減らしてその分歌っていただきたかった。

一つだけ。

・女性の好きな仕草は?

丸ちゃんが「ブラ汁を拭くところ」
と答え(曖昧ですが)、そんな言葉ないやろ!とかそれは国名やろ!的なツッコミを受けた先から席を離れて、ブラジルの人聞こえますかー!をやろうとして速攻とめられていた。素晴らしい連携プレー。

もう一つ。

 

・電撃トレード!村上を放出。Hey!Say!JAMPから欲しいのは?

どっくんだけが「いらん」と書いていた。真面目に受け止めて温かい気持ちになっていた私。


▶ご当地プロジェクト。
全米(多分)優勝経験もある福井商チアリーディング部OGと福井放送吉田アナで構成された「福ジャニ∞」との「前向きスクリーム!」

これはかなり期待できるパフォーマンスですよ~。
とは言っても申し訳ないが、やっぱり丸ちゃんを探してしまう強欲な自分。

ですが、すごく盛り上がっていたように感じました。
レベルの高いパフォーマンスだった(ようだ)から、一般の参加者も対象としたご当地コーナーとしては、かなり引き締まったものになっているのではないか?
と思いました。
何様でしょうか。すみません。

この曲、ほんとに大好きです。
踊りきったかのようなカラッとした気分になれる。

そんなに踊ってはないけど。

 

▶お近づきメドレー
メドレーが何の曲だったかよく覚えていないぐらい、メンバーの姿を追ってしまった。
あおっぱなは何となく記憶にある。モンじゃいビートもあったか・・・。

 

遠くの丸山よりも近くの大倉
みたいな。

節操のない自分自身と向き合わねばならない時間であった。

噂のスタンドトロッコ。
丸ちゃんはお近づきになってくれましたが、こっちを向いてはくれませんでした。そのかわり、その背中をじっとり見ていました。穴が開くほどに。

すみません。

そんな怖い話ではなくて

ファンサを連打するやさしい大きな背中に見とれていました。
こっちが本当。

ちょうどすばるさんがこちらを向いていて、かなりの充足感に満たされた。
それ以上は望まないと思わされるこの人のオーラ、何なのだろう?

横ちょは透き通るように白く、ただただ美しい。もう美しいとしか言いようがない。
時間を止めてと思うほど。
さっき、HGTBで電流流されたり、ヅラをパカパカやろうとしていたなんてウソみたいだ。

大倉さん、目鼻立ちが本当に整っていて、人の顔ってこんな造作にすることは可能なのか?と思うぐらい男前だった。

錦戸さん、別に骨格マニアという訳ではないのだけど、鼻が高くて顔の輪郭が美しい。本当にカッコいい。

 も黒い。でもそのギラつきと体操服とか、衣装替えてもライン入りソックスを履いたままとかのミスマッチが面白かった。

次回もし会えるなら、通常版の錦戸さんにお会いしたい。

ヤスくん、かわいかった。一番アイドルを感じさせてもらったように思います。
席がギター側だったので、生で演奏する姿もよく見られて感無量。
ああ、いつもこんな姿勢で弾いてるな~って。

ヒナちゃん、良い意味で、TVで見る姿と変わらなかった。
それだけ身近に感じられるところが魅力なんだと再認識した。
彼はスターで全然身近ではないのですが、そういう誤解を生むところが魅力なのかと。


もう一度丸ちゃんの話に戻りますが、どうも反対の方ばかりに行かれてしまうのだけど、ほんとにできるだけたくさんの人にファンサをしようと気を配っている感じが遠くからでもよくわかりました。
もっと、ちきしょー!と思うのかと思ったけど。

なんか優等生すぎるな。


次。
キャンジャニのVTRが流れる。
「あなたたち本当に関ジャニが好きねぇ~」という横子のセリフが面白かった。


ここからバンド2曲。
言ったじゃないか!とズッコケ男道。

夢にまで見たバンド、これは全員を見なくては!と思っていたが演奏も聴きたいしで両立は忙しくてムリだった。
気づけば一番近いヤスくんのギターを見て、ああホンモノだと思うしかない。

丸ちゃんのベースのソロ部分にハッとする。ベースを縦に向けて低く構えていた。
と思うんですが。
興奮してたから定かではないけど、私はベースの音を確かに聴いたんだと思う。

言ったじゃないか!はもともと大好きな曲なのでテンションMAXでしたが、ズッコケがかなり良かった。
ライブが終わったあと、これが一番頭に残っていた。


最後に。

いつもTVで眺めているエイト、そして丸ちゃんを実際見たら自分は何を思うのだろうと考えていました

カッコよすぎ!とか?
キラキラしてる~!とか?

もちろんそう思いもしたけれど、
「ああ、ちゃんと実在してる人たちなんだ」と思った。

実在していると実感したあと、客席からステージまでの絶対的に離された距離みたいな、いくら近くても縮まることのない距離があることを感じもしました

何を今更だけども。
近くに来てくれたけれども。

 

彼らは華やかなステージに立つ、関ジャニ∞という、一握りの、選ばれた人たちなんだということを実感しました。


昨日友人が、これはゴールじゃなくてスタートだと言っていました。

私も同じことを思っていました。
エイターになるスタートをようやく切れたような。

昨日は、興奮でだいぶワケもわからなくなってましたが、何だか一歩踏み出せたようで清々しくもあります。


そんな大袈裟な話かい?!とも思うけど。

カッコ良かった~!で済む話を引き延ばすだけ引き延ばして終わります。