読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丸ごとなorange

君の声を聞かせて 君の歌を聴かせて

※ネタバレあり※【後編】元気が出るLIVE!! ナゴヤドーム 12/26〜12/27

エイト ライブ
※ネタバレしています。






新年あけまして、もう12日。

すっかり通常モードながら、なかなか更新できませんでしたが、今年もどうぞよろしくお願いします。


それでは、後編です。



▶︎渇いた花


ヒナちゃんのピアノがとても良かった。音を追うだけではなくて気持ちが入っているようも思えて、今回は本当に聴き入りました。

時々目を合わせあう二人には、この完成度への感動もあって胸が熱くなった。



▶︎バナナジュース


ま、ま、ま、ま、まさかのトランペット&サックスでのセッション!
最初本人と思わなくて、でもよく見たら本人で。

今回のアルバムの中で好きな曲の上位争いに食い込んだバナナジュースが、何て気の利いたアレンジになっているんでしょうか。大人カッコいい!

なのに、26日は歌い出しのマイクが不調だったのか、出だしの♪悶々なモーニング~ところが聴こえずハラハラしてしまった。

最後二人でがっちり手を握り合ってた。(多分そのはず。)



▶︎my store ~可能性を秘めた男たち~


朝の情報番組ですでにネタバレされてしまっていたため、ちょっと残念に思いつつ見たら…かわいい。
やっぱり大山田が好きだと思った。

歌を聴くというよりは、かわるがわる回ってきてくれるそのランドセルな姿をひたすら眺めていた感じ。



▶︎LOVE&KING


ここまでなんだか張り詰めてしまってて、正直言うと前奏が鳴ったところで少し気が抜けていて、遠目に「ああダンサーさん・・・あのダンサーさん上手いな」と思っていたらそれがヤスくんだと気付き、一瞬にして意識が戻った。

あのダンスのカッコ良さにただもう目が奪われてしまって、そこだけ異空間に見えました。

上手いということは知っていても、いわゆる伝説を自分の目でやっと確かめたような感じだった。



WASABI映像)

当たりは26日は大倉さん、27日はすばさん。
2日とも同じ映像でスルっと終わると思っていたんですが、27日の方、ヤスくんと横ちょで最後に残った天むすをどっち取る?的な空気になり、お互いの顔が接近していく・・・ときのヤスくんの顔の角度がリアルかつ美しく、合間なのになんだかお得なサービス映像だと思った。



▶︎WASABI


26日はバクステに近く、ちょうどムビステから見下ろされる感じで、そのダンスを見ることができた。

あまりの近さに興奮していて曲のどのあたりか思い出せないですが、丸ちゃんが片方の肘あたりに手を添えて、Sっ気な目で見下ろすような振りがありまして…

そのとき視線の先は自分だったと信じたい。

衣装の好みについてはともかく、丸ちゃんはとても似合っていたように思いました。



▶︎韻踏ィニティ


正直この曲に明確な好きポイントが見つけられていなかったのですが、ステージでダンスありで見た途端、ガラッと印象が良くなった。

丸山さんはセンターステージの花道付近にいたと思いますが、歌舞伎っぽいフリがあって、そこがとってもサマになっていた。



▶︎ナントカナルサ


バンドじゃないなんて言ってないじゃないか。
まさかのお手振り曲。



▶︎High sprits~勝手に仕上がれ


来た来た来たーーーー!!!

26日の方、前にいた女性お二人がうちわもペンライトも持たずにわりとライブ的なノリをされる方で、その動きにのっかって(勝手に)思いっきり跳ねてきました。

やりきった!!と思った。

このライブで一番楽しみだった曲をこんな風に聴けて嬉しい。
前のお二人、どなたか存じませんがありがとうございます。

メンバーそれぞれの演奏もですが、ベースの音に丸ちゃんのソロパートに、大好きな「う・た・え」の部分や「丸山ぁ!」など、必須ポイントが目白押しでとにかく忙しかった。

ヤスくんの「そんな見られたら恥ずかしぃて〜」の部分は両日ともかわいいバージョンだった。
他の会場では、CDのような色気丸出しバージョンは出なかったのかなあ?



(すばるさん挨拶)

今もこれからもやれることをやる、と。今、目にしているのは等身大のエイトだってことが伝わりました。
飾らない、正直なとても胸を打つメッセージだった。
いつも想像どおりにはならない彼らですが、これからもそれ込みで応援したいと思いました。



▶︎侍唄


勝手に仕上がれで燃え尽きたのか、前奏で「あれ何の曲?」と思ってしまった。最悪です。
だけども、渇いた花に次いで聴き入った。
2番のヒナちゃんのパートが好きなのですが、そこも聴けて嬉しかった。



▶︎アンコール

メドレー(CloveR~急☆上☆show!!~T.W.L~無責任ヒーロー~あおっぱな)

全く予想していなかった気球の登場。
ああ~なるほど〜こういうことか~♡。本当にファンを思ってくれるがゆえの素敵な演出だと思いました。

下から見上げていると誰がどこにいるんだとか、どこの場所に降りたんだとかずっとキョロキョロするばかりで、私の視界からはほぼエイトが不在の時間だったのでとりあえず歌っていました。
T.W.Lでは念願のタオルを振り回せて満足。



▶︎元気が出るSONG


終わっちゃうなあ、あっという間だったなーという寂しさと心地よい充実感を持って聴いてきました。
手書きの文字がモニターに映るのも良かった。

丸ちゃんの声はやはり優しく温かく。何にも変え難いほどの感動をくれました。



【最後に】

初めて「関ジャニぃーエイトーーー!」を体験できて本当に嬉しかった。
こんな一体感を感じられる瞬間を含め、最高に楽しかったです。
初日のこのとき、お隣は男エイターさんだったりなど、どちらの日も男エイターさんの参戦も多い印象でした。


一つ学んだことは、真上に銀テープが固まって舞っていて、これは全色楽勝かも!と思っていても、儚くも全てまわりへ流されてしまうこと。
ドームの風、恐るべし。いや、単に欲深い私への戒めでしょうか。

そんなわけで初日は収穫なし。でも、2日目はたまたま手にした1本が奇跡的にオレンジで、泣くほど嬉しかった。







今週、京セラドームに参戦してきます。

座席はスタンドのどちら寄りでもなくど真ん中のようなので、今度はなるべく偏りなく、全体を見渡してこれたらいいなと思っています。

KINGにWASABIからの韻踏ィニィのダンスよ、再び。


そしてそして、夢だった京セラ参戦。


ホームである京セラの空気感を肌でしっかり感じてきたいです。